トリキュラー21はコチラの通販がおすすめ!

 

トリキュラー21を通販で購入するなら

  • 正規品100%保証あり
  • 口コミ700件以上
  • 最安値1箱643円〜
  • 送料無料

ベストケンコーがおすすめです。
   ↓↓

 

 

 

私もよく利用しています。

 

安いですし、
割と発送が早いので助かります。

 

 

 

トリキュラーは通販と病院どちらがいい?

 

 

トリキュラーは産婦人科で処方してもらうことができる「低用量ピル」です。

 

恐らく日本で出回っているピルの中では最も売れているはずです。

 

ただ、病院で買うことはできるものの保険の対象外になるのが難点。
しかも、そこに検査代なども加わってしまいます。

 

ですが、通販であれば、
病院より、ずっと安く手に入れることができます。

 

もちろん、価格だけで単純比較できませんので、
通販と病院のそれぞれのメリットを挙げておきましょう。

 

 

病院のメリット

 

  • トリキュラーについてしっかり説明してもらえる
  • きちんと身体を診てもらうことができる

 

病院にはこのような利点がありますよね。

 

 

通販のメリット

 

  • 産婦人科で買う場合のおおよそ半額
  • 誰にもバレない

 

まず、病院の半額程度の値段でトリキュラーを買えるというのが
通販の最大のメリットです。
(一度にたくさん買うと割引率がアップしたり、
クーポンがもらえることもあるので、さらに安く購入することもできますよ。)

 

トリキュラーは「一回使ったら終わり」はなく毎日使い続ける商品ですから、
この価格差は無視できないはず。

 

また、デリケートなことですから相手が医者でも
「誰かに話すのは恥ずかしい」と感じる女性もいるかもしれません。

 

通販であれば当然誰にも知られずにトリキュラーを買うことができるので、安心です。

 

 

基本的には通販で購入するのがおすすめですが、
最初の数回は病院で処方してもらった方が良いかもしれません。

 

医者の説明をきちんと受け、身体のことについても
きちんと相談してから使う方が安全だからです。

 

 

トリキュラーについて、おさらい

 

 

トリキュラーのことについて、すでに知っている人は多いかもしれませんが、
おさらいしておきましょう。

 

 

トリキュラーは、低用量ピルであり経口避妊薬です。
開発はドイツのバイエル社。

 

トリキュラーの錠剤は丸型で、
黄色、赤色、白色の3色があります(3相性ピル)。

 

「赤→白→黄」という風に使っていくことで、
ホルモンの量を調整する仕組みになっており、
これにより副作用が比較的出にくくなっています。

 

 

トリキュラーの働き

 

経口避妊薬ですから、その名の通りメインの効果は「避妊」です。

 

飲み方を間違わない限り、高い避妊効果を得られます。

 

それから、ホルモンバランスの狂いを正して、
生理痛の引き金となる物質の生成量を下げて、
子宮内膜が厚くなるのを防いでくれますので、

 

  • 子宮内膜症
  • 月経困難症
  • 月経前困難症

などを防止する効果も期待できます。

 

特に子宮内膜症に陥ると不妊になってしまう恐れがありますので、
「今は子どもはいらないけれど、そのうち必ずほしい」という方にもおすすめです。

 

それから、男性ホルモンの動きを穏やかにする作用もあるので、
多毛症やニキビなども防止してくれます。

 

 

トリキュラーで避妊できるのはなぜ?

 

簡単に言えば「身体に妊娠したと思いこませる事ができる」ため避妊できます。

 

トリキュラーには2種類の女性ホルモン(エチニルエストラジオール、レボノルゲストレル)が含まれています。
ですから、トリキュラーを飲むと女性ホルモンの量が多くなり、
「妊娠したときのようなホルモンバランス」になります。

 

これにより、妊娠したときと同様に排卵が止まるというわけです。

 

トリキュラーの避妊効果はかなりのもので、
用法用量を守って摂取し続ければ、ほぼ100パーセント避妊することができます。

 

 

トリキュラーを飲んではいけない人

 

 

1日15本を超えてタバコを吸う35歳以上の女性に関しては、
トリキュラーを含め、どんなピルも飲むことはできません。

 

血栓症に襲われてしまうかもしれないからです。

 

それから、

  • 癌患者
  • 血栓症の経験がある
  • 片頭痛(重度)
  • 高血圧
  • 授乳期間中
  • 妊娠期間中

の方も身体を壊すかもしれないので利用してはいけません。

 

上記以外の疾病にかかっている方も基本的には摂取できません。
(恐らく許可されませんが、どうしても利用したい場合は病院で相談してみてください)

 

また、ピルを使って次の症状に見舞われた場合は、
初期の血栓症かもしれませんので、すぐに摂取を中断して病院に行きましょう。

 

  • 手足のしびれ(同じ姿勢を取り続けた場合のしびれなどを除く)
  • 動悸
  • 胸の痛み
  • むくみ
  • 息切れしやすくなった
  • 手足の脱力
  • 視力が落ちた

 

 

トリキュラーに副作用はあるの?

 

 

トリキュラーは副作用が比較的、低いピルです。

 

とはいえあくまでピルですから、トリキュラーを利用していて
次のような副作用に襲われるケースもあります。

 

  • 嘔吐感
  • 乳房の痛みや張り
  • 頭痛
  • 下腹部の痛み

 

ただ、これはトリキュラーに慣れるまでの初期段階に発生する(かもしれない)
軽度の副作用であり、飲み続けれていれば普通は治ります。

 

逆に言えば、身体に異変が生じている場合は、
これらの副作用が消えなくなる可能性が高いので、
「いつまでも体調が悪い」というときは、
すぐにトリキュラーを飲むのをやめて産婦人科に行きましょう。

 

 

 

トリキュラーの種類と飲み方

 

 

トリキュラーには2種類あり、それぞれ飲み方が違います。

 

 

トリキュラー21の飲み方

 

21錠の錠剤にそれぞれ1〜21の数字が入っています。

 

これを数字順に飲みます。

 

1日1錠。
日によって摂取する時間帯を変えないようにしてください。

 

  • 赤:6錠
  • 白:5錠
  • 黄:10錠

を上から順に飲んでいくことになります。

 

色によって配合されているホルモンの量が異なるので、必ず番号順に摂取しましょう。

 

21錠飲みきったら、その後の7日間はトリキュラーを飲みません。

 

この7日間が終わったら、再び1→21の順に摂取していきます。

 

28日でワンセットとなりますね。

 

1週間しっかり休めるというメリットがありますが、
その反面「これで休んだのは何日目だっけ……」と混乱しやすいという欠点もあります。

 

 

トリキュラー28の飲み方

 

トリキュラー28の場合は

  • 赤:6錠
  • 白:5錠
  • 黄:10錠
  • 白(偽薬):7錠

を上から摂取していくことになります。

 

「偽薬」とは、薬効成分が全く入っていない錠剤や粉末のことです。

 

つまり「7日間休む」のではなく「7日間偽薬を飲む」という事になりますね。

 

こちらについては「休薬期間に関する間違えが起きにくい」というメリットがあります。

 

トリキュラーは副作用が出にくいピルですが、
それでも休薬期間をきちんと取らないとリスクが上がってしまいます。
ですから「何日休んだか分からなくなりそう」という不安がある方は
トリキュラー28を選ぶことをおすすめします。

 

 

 


TOPへ